【これは使える!】スカイチケットで予約すると海外出張はスムーズかつスピーディになる

手間がかかる海外出張の予約や手配はできるだけ早くすませたいのはビジネスパーソンみんなの願いですね。エアチケットやホテルなどの予約が簡単かつストレスなくやれるスカイ(skyticket)は忙しい人たちのお助けマンです。

スカイチケットで予約する

たった一つのサイトで全部予約できると海外出張の準備が楽々スピードアップ!

海外出張の準備は手早くやっちゃいたいってビジネスパーソンならみんな思いますよねー

単純な一か所への往復なら簡単ですけど、海外で行き帰りの出発空港違う場合の手配とかなるとエアチケットの予約はかなり面倒になりますし、さらにホテル損害保険Wifiルーターまで手配しなければならない場合、時間がかかって凹みますよねー。

ただでさえ出張前はいろんな資料の準備で忙しいのに、出張の予約の作業ってある意味楽しいものの、ビジネスパーソンから大切な時間を奪う難敵でしかないですよね。

困った

私は機械系の商社の海外営業部に属する営業マンです。

行先は東南アジアが主ですが、ときにはヨーロッパや北米、南米まで行ったりします。

私はいま30代半ばで管理職でもなく、悲しいかなまだ海外出張の予約や手配を頼める部下がいない状態

ずっと毎回ブーブーとぼやきを独り言しながら準備をしていました。

なんせ上司からはあれはどうなった?これは済ませてあるのか?あの客先へはあれを持っていけ、など拷問のような指示が矢継ぎ早に飛んでくるので、それをかわしながらやっていくって、それはそれはたいへんです。

この前なんか南米のある町からある町へカーニバルの季節真っただ中移動するのにチケットが取れずに四苦八苦してるところに、その事情を知らない部長からいますぐ先月の売上の一覧表を持ってこいとか言われて、頭がブチ切れそうになりました。なんせ先月はやたら数字悪かったし(汗)

やれやれ

でも最近そういう状態が一変したんです。

出張前の手配を大幅に簡単にできる方法を発見したんです!

どんな方法かというと、それは単純。
ひとつの予約サイトで多くの種類の予約や手配をやってしまうっていうことです。

やった

海外出張の手配はすごく面倒だったけど

海外出張の前にどんなことを準備していくのか、整理してみましょう。

まずは、行き先を決めて、日程を決める。これは当たり前。
これは自分あるいは同じ所属の人たちと決めるので自然と決まりますね。

で、予約などの手配が始まるのは以下の流れです。

1.エアチケットを予約
2.ホテルを予約

これら二つは鉄則。

自家用のジェットやクルーザーで各都市を回るっていうような人以外は、これらをしない海外出張はありえないです。

エアチケット

そしてそれらに続いて、必要であれば以下も予約・手配します。

3.海外損害保険の手配
4.Wifiルーターのレンタルの手配

これらを全部ひとつのサイトでできればあなたの出張前の仕事が大幅に軽減されることは容易に想像されますよね。

で、そんな便利な包括的な予約サイトはあるのでしょうか?

それがあるんです!この日本に!

その神のようなサイトの名前は<< スカイチケット(skyticket) >>と言います。

スカイチケットで予約するのはこちらから

スカイチケットで予約する

スカイチケットの優れた点

スカイチケットは数ある海外渡航用の予約サイトの中で後発でまだ無名ですが、これまでのサイトには備わっていなかったいくつか素晴らしい点があります。

これまでの予約サイトは例えばエアチケットの予約をする場合、

出発空港
到着空港
出発日
帰国日

を決めて該当するフライトの一覧そして最安値のフライトを掲示してくれます。

スカイチケットでもそんなのは当たり前。

ホテルの場合は、ふつう
地域

都市
を選んで、
希望の料金
オプション
などを入力して、出てきた検索結果でいろんなホテルとその価格がわかりますね。これもスカイチケットでもちろん可能。

(注)ホテルを予約するとき最安値で決めるのは問題があります。というのはやはりちょっとしたロケーションの違いやサービスの有無で滞在の快適さが格段に違ってくるので過去に行ったことのある都市ではいろいろチェックしてから予約を確定させた方がいいでしょう。

その意味ではこのスカイチケットはたくさんのホテルと部屋のオプションを検索できるので快適な滞在がしやすくなるというメリットがあります。

パソコンとスマホ

でもほかのサイトでWifiルーターのレンタルまで予約できるところってありますか?
私はまだ知らないです。

海外損害保険を手配できるサイトもスカイチケットだけですよね。

(注)2017年4月現在スマホの画面では海外損害保険のメニューは出てこないようです。

つまりあなたはめんどうな海外出張の予約を全部スカイチケットのサイト内だけでやれるということ。

それはあなたの仕事がストレスなくスムーズかつスピーディにこなせるということになります。

よかった

スカイチケットを使うコツ

いま(2017年)スマホの画面では海外損害保険のメニューがありません。海外損害保険のご予約はPCサイトで行っていただく必要があります。

またエアチケットなどを検索するのはスマホでも十分ですが、予約をするには名前や住所などを入力していく必要があります。スマホでの入力にストレスがない人はいいですが、あまり得意でない人はPCで予約データを入力するほうが間違いが抑えられるのでおすすめです。

パソコン画面

(注)特にエアチケットを予約する場合、パスポートに載っているローマ字の通りに入力しないと登場をキャンセルされることがあります。もちろんホテルなども同じことが起こります。特に最物騒な事件が国をまたいで起こっているので海外渡航においては最新の注意を払わないと思わぬ事態に遭遇する可能性も高くなってきました。

名前のスペルが違っててせっかく予約されたフライトや部屋がキャンセルなんてことも特に繁忙期には起こりうるかもしれません。

これはスカイチケットだけでなく、すべての海外渡航向け予約サイトについてですが、やはり最後の申込みはPCを使って入力されるべきだと思います。

パスポート

スカイチケットは国内出張にも使える

スカイチケットでは国内のエアチケットの予約もできますし、またレンタカーの予約も可能です。

(注)海外のレンタカーはいまのところ(2017年)予約できません。

この二つを出張を必要な人には予約がパパーっとできて仕事がスムーズかつスピーディに進みます。

ぜひスカイチケットで仕事をさらにスピードアップさせてください。

スカイチケットで予約するのはこちらから

スカイチケットで予約する

投稿日:4月 7, 2017 更新日:

執筆者:

メニュー