コンタクトレンズに限界があるなんて知らなかった

私は中学生になったのをきっかけにコンタクトレンズにしました。小学生のころから視力の悪かった私。それまではメガネ生活をしていましたが、どうしてもわずらわしさを感じていたんですよね。友達などは「メガネ女子ってかわいいじゃん」と言ってくれていましたが、当の本人はメガネがいやで仕方がなかったんです。

中学生になったらコンタクトレンズに変えてもいいよ、と両親に言われていたので早く中学生になりたくて仕方がなかった私。でもある日、コンタクトレンズ生活とも早くサヨナラしたいという気持ちになったサイトを見つけたんです。それは「うさこのレーシック総合情報@コンタクトレンズの使用限度は25年?」というサイトでした。

コンタクトレンズを使えるのが生涯で25年間が限度ならば、私は13歳から使っているので38歳にはも角膜の限度が来てしまう。だからこそ、今のうちにレーシックを受けたほうがいいと推奨しているんですね。

私が見つけたレーシック情報サイトは、レーシックに関する豆知識、基礎的情報、レーシックのメリットとデメリット、手術に関する注意点、レーシックにかかる費用など、知りたいことがコンテンツとして整理されていました。知りたいことが、ぎゅっと詰まったサイトなんです。

Leave a Comment