一番安いサイトって、決まってるの?

海外航空券を販売するサイトはたくさんあります。

思いつくだけでも、ざっと約20社ほどでしょうか。

 

主なものを列挙すると。

エクスペディア(Expedia)

DeNAトラベル(スカイゲート)

阪急交通社

エイビーロード(AB-ROAD)

ヤジキタ(YAZIKITA)

JTB

スカイチケット(Skyticket)

エイチ・アイ・エス(H.I.S.)

(注意)ほかにもありますが、あまり良くなかったサイトは除外してあります。

 

で、そのどれもがうちが最安値です!って言っていますよね。

でも、それってありえない!(笑)

 

必ず各サイトで販売価格は異なるので、どこか1サイトだけしか最安値にならないから。

 

つまり買う立場から言うと、サイトの数だけこの世には最安値のチケットが販売されてるように見える、ってことになってます。

 

実際、ある特定の条件で複数のサイトで検索すると、ある日はサイトAが一番安く、でも次の日はサイトBの方が安い、っていう結果が得られます。

 

ようするに、どのサイトが一番安いのかは、時期によって変わる、というのが実情なんです。

 

航空券の予約なんて手早くやれ!

この日にそこ行きの航空券を何が何でも最安値で買うんだ!というのなら、この世にある何十もの予約サイトを全部チェックして、その中での最安値をオファーしているサイトから航空券を買うべきです。

 

時は金なりというビジネスの鉄則を特に気にしない時間と人件費が有り余っている会社であればそういうやり方もいいでしょう。

でも航空券を探している時間っていいうのは会社にとって本来無駄な時間です。

 

仮に20社のサイトを全部検索しようとすると最低でも3-4時間はかかるでしょう。

10社でも2時間やそこらはかかるでしょう。

 

そんな時間を費やしていいんですか?

 

出張前はやることがいっぱい

 

海外出張前には航空券の予約以外にもたくさんの準備が必要ですよね。

 

ホテル、海外旅行保険、Wifiレンタルを予約するとか、それに客先で見せる資料や見積書の作成など、やることいっぱいです。

 

そんななか海外航空券だけに何時間もの時間と労力を費やすのはビジネスの世界ではできない奴の仕事っぷりでしかありません。

 

海外航空券を最安値で買うという意志は大切ですが、時間をかけることではありません。

 

海外航空券はそこそこの値段であれば買っていいという割り切りは必要です。

 

基本的に渡航日と行き先が決まれば、サイトはどこを選んでも価格にそれほど大差はありません。近場の渡航先ならばせいぜい1泊1,000 – 3,000円くらいの差です。

 

そのくらい差でしかないのなら、早さを優先させて、予約の手続きが最速でやれるところを使うべきだということです。

 

検索にかかる時間はどのサイトも同じ

 

検索して手ごろな航空券を買うまでの作業にかかる時間はどのサイトでやっても同じです。

 

ということは、航空券以外の予約も同一サイト内でできたら、あなたの出張前の準備にかかる時間は減らせるんではないですか?

 

つまりホテル、海外Wifiレンタル、海外旅行保険、などの予約も全部同じサイト内でやれれば、すすすーっとあなたの予約作業は進んで行くということです。

そういうサイトがスカイチケットなんです。

 

ワンストップでできるスカイチケット

スカイチケットでは航空券のみならず、ホテル、海外Wifiレンタル、海外旅行保険などあなたが出張前にしておかなければならない予約作業が全部ワンストップであなたのパソコンで可能です。

 

つまりめんどうで煩雑な諸々の予約作業が簡単にぱっと一つのサイト内でできてしまうんです。

 

このスピード感はできるビジネスマンには大きな武器ですよ。

 

スカイチケットを使うスピード感をぜひ味わってください!

そしていい仕事をしてください!

 

スカイチケットで予約するのはこちらから

スカイチケットで予約する